年中常春
突然前触れもなく嵐にハマッた管理人の、徒然なる日記
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/09/11(日)   CATEGORY: 未分類
さて。
今日も頭に「嵐」という名の花を咲かせて呑気かつ元気に生きております。からすです。
ブログ開設初日という事ですが、良く考えれば明日から父と少々旅行に行くことになっており。(良く考えなければならない時点で既に問題が。)
毎日つけようと夕べ誓ったばかりにしていきなり挫折しそう感がヒシヒシで。

そういえば。なんと昨夜、私の夢のなかに大宮のお二人がご出演なさりまして。



どこかの劇場の階段を、私は焦りつつ駆け上がっていたのですが。
何故か前方にも同じ様に駆け上がる2つの影が。
何で駆け上がっていたのかは全くの不明で。
急いでいるだろう後ろ姿に、厚かましくもお声をかけさせて頂き。
「いつも応援しております。」と緊張に可憐に震えながらも告げ。
何と握手だけでなくサインまで頂いてしまい。

大野さん。
今度機会がありましたら、是非ともそのおヒゲを触らせて頂きたく。(あくまでも夢のお話ですので。)

何をおきましても、夢の中とはいえ、理知的に対応出来た自分が非常に誇らしく。
現実にもしそんな機会がおとずれましたら、問答無用で飛び掛り、死ぬまでスッポンの如く喰らい付いて離れないことは明確でして。

大野さん、命拾いをしましたね…(嫌過ぎ)
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年中常春. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。