年中常春
突然前触れもなく嵐にハマッた管理人の、徒然なる日記
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/07/18(火)   CATEGORY: 未分類
広島コンMCレポ1部その②
今日朝起きますと、体で痛くないトコロがないほどで。
無言で悲鳴を上げました。
翌日に筋肉痛なんて、まだまだワタクシも若いですね!
なんてほざいております。
からすで。

挨拶もそこそこではございますが、えーと。
続き、頑張らせていただきます。







ドン。




大:皆踊ってんのに、わかんなくなったら、こう…(両手を広げてくるりと回る。つまり、踊り分からないから、それらしくその場で回って誤魔化している、ってことですかね。)
櫻:あったあった、あったあったー。
二:相葉くんは良くある。よくこうやってるんだよ。(くるりと回ってみせます。)
大:横でそれやられるとまじパニくるんだよね。
二:ずるいんだよね、回り方がなんか。(聞き取れず。)
横からみると何か、ちょっと後ろ下がって皆を視野に入れてんの。
ずるいんだよ、このまま回ってそのまま後ろ行って見ながらやんの。
相:(聞き取れず。)
櫻:3年前ぐらいだよね。ちょうど5人同時で床からボーンって5人同時にスパーン出てんの。着いてスパーンて踊りだすの。
二:相葉ちゃんあれヘタだよね。
相:あー、ちょ、う。
二:床からドーンって出るやつねぇ。
相:あれ、めっちゃ巧いぞ俺。
櫻:全然飛ばないか、ものっすごい飛んで着地でこけるかだよね。
松:考えて飛んでくれー。
二:飛べないのかなー。もう100%なのか。
相:そう。100パーなっちゃうからぁ。
松:100か0かでしょ?
相:難しいんだよあれは。
二:ゼロ酷いよね。
相:ゼロ酷いよ。だってあれさー、ポーンって上がる反動で一緒に跳ぶわけよ。だからこの、反動と同時に跳ばないとやっぱり…
松:(さえぎり)あの、なんかあんま難しそうなこと言わない方がいいよ。
相:そんな難しくないんじゃないの。だから、その、ゼロの場合って言うのは…やってみてよ。
二:ゼロの場合はー、大体ー。
相:下いるかなー今。(舞台下の方伺い)
櫻:と、とぶの!?
松:あの、あのさー、相葉くん、相葉くん?相葉くん??あのさー、そういうのさー、音があるから盛り上がれるんだと思うんだよ。
相:えー?
二:リハーサルん時いつも思うだろ。「あーなんてシュールなんだろー」って。「いくぞー!」ってシューって跳んだときとか、すっごい恥ずかしくない?
相:下いる?いない?
櫻:やーいないんじゃない?
相:今お昼休みかもしんないよ。
櫻:エッ、今飯食ってんの皆ー!!えッ、結構ショックだぞそれー!!
二:いないんじゃない。いるー?
相:あーいないかぁー。あ、いるいる、お願いしまーす。
二:えッ、ホントに俺が跳ぶの!?…コレ、ものすごい、2回やんなきゃいけないのかぁ…
櫻:じゃぁ、ニノちゃんのトコだけさぁ、スポットライト当ててさぁ。
松:じゃあ皆消しちゃってください。
櫻:え、ちょっと待って。…なんでニノちゃんやってんの。
二:分っかんないんだよ、俺がやる意味が。
相:じゃぁ成功バージョンからね。成功バージョン。
松:成功バージョンね。成功バージョン。じゃあ会場の皆に言ってもらおう、スタンバイオッケーだったら。
二:えぇえ~!それは怖いよ。
松:おーけぃ?
相:科学の力はすごいよ!(?)
松:じゃあさんにーいちね。
櫻:うん。
二:スーパージャンプ。あのー、お客さんがぁ、321、GO!ね。あ、すみません、打ち合わせさしてもらって…
相:いつもこういう会話下でやってるんだよね。
二:ハイ。
櫻:これで全然違う人出てきたらチョー面白いのにね。すっごいオッサンとか。
大:初めましてー、って。
(大爆笑)
松:そりゃ初めてだよな。
二:おぁ~!コレすげ~跳びそーな予感してきたー!(超高音で喋る二宮さん。)俺すげーコエー!!!
松:いーぃー?
二:いーよぉ。
松:じゃぁ行くよー?さぁ皆さん、ご一緒に。せぇーのッ、
会場中で:(3、2、1、GO!!)
二宮さん、大成功で。めちゃくちゃ跳んでらっしゃいましたし、着地も完璧!アイドルっ子でしたよ~。
櫻:すごい、すごい、すごい!!
相:成功だよね。
二:ああこれでね、彼が(相葉さんを示し)失敗バージョンするから。
あーすっげぇこえぇ、今回の。

(この間に、相葉さん移動)

櫻:今すごかった、すげーキメた。
二:だって後ろで、(何とか)がゴー!!って。
すっごい、4人がかりだから相当弾んだよ今。
でも案外、こういうのってお客さんがいるから出来るんだよ。なんでかっつーと、「おぉ~」って言ってくれるでしょ。リハんときはぁ、舞台監督みたいな人がぁ、「ハイ、じゃあ次行こう」
(不明):すごいあっけないんだよね。
相:スミマセン、準備いいんですけど、(跳んで)いいですかー?
櫻:アハハ、相葉くん忘れてた。
二:あ、じゃあ失敗バージョンっていうか、相葉さんバージョンを見せてもらいましょうか。
櫻:相葉オリジナルね。
二:そう、相葉オリジナル。
松:いくよー。せぇの。
会場中で:(3、2、1、GO!)

完全にタイミングで失敗、相葉オリジナル。
床が上昇しきってからその場でぴょこんとジャンプ。
さすがすーぱぁあいどるさんです。

櫻:見たことあるそれー。
二:全然(床を)使ってねぇ!
櫻:なんかミュージックステーションでやってたー。
大:あ、やってたー。
相:これがねぇ、失敗バージョンね。じゃぁ皆さんもこれでねぇ、ア、失敗してるなぁと、ファンレターに苦情とか書いて…
櫻:どう書くんだよ。
松:その前にちゃんと跳ぼうぜ。
櫻:なんかまぁ、なんですか?ここ最近、特に今年、2006年、ずーっと嵐、なんだー?きっと大丈夫のリリースあたりからずーっと一緒にいますけれども。
松:その前に一緒にいなかったからねー。
二:なかなかねー。
櫻:このー夏休みぐらいから、個人の仕事が続くということでぇ。松本くんの映画ー
松:はい?あ、はい。「僕は妹に恋をする」。恋しちゃってさぁ。
大:…それいつから恋すんの?
二:いつからでも恋すんじゃねぇかぁ?
相:でもさぁでもさぁ、ずーっと一緒に住んでるわけじゃない。そっからさぁ、恋に変わる瞬間っていうのがあるわけでしょ、映画の中でも。
松、ずーっと我慢してる訳ですよ。すーっと我慢してるんだけど、
櫻:僕もう我慢できなぁい。
二:そういう瞬間あるよね。
櫻:コーンフレークのさぁ。「僕もう我慢出来なぁい」チョコのね。
二:チョコ味なね。
櫻:コンボだ。…ごめんね、話ずれちゃった。
松:言い方は違うにせよ、まぁ我慢出来ないな、と。でね、んまぁー…ベットインですよ。
櫻:うそぉッ!!
あいやぁ~…
相:えぇ!?
櫻:あいやぁ~…
相:信じらんないなぁ。
松:すみませんどうも、お母さん達ー。お子さん、たちー。(親子席に向かって頭下げ)
大:妹も、あの、兄貴にゾッコンなの?
松:…ゾッコン、って言ったの今。
櫻:ぞっこん…くははッ(爆笑)
二:シブガキ隊以来だよ、シブガキ隊。ゾッコンLOVE。
松:まぁ、そうですねー。や、結構面白いと思いますよ。あのー、何だかこう、「ありえない」じゃないですか。兄妹どうしでさぁ、ね?幸せになりようがない、って。だからこそ、こう、ピュアなんだよね。
櫻:あ~、松本さんそういうの多いね!
二:多いね!
大:りょ、両親はそれは納得してんの!?
二:そしたらキャプテン、そしたらぁ、なんか禁断のこう、恋っぽくならないんじゃないですか。認可されちゃってるじゃないですか。
大:了解の上でそういう…
松:や、だからー、了解しないんですよ、親は。
大:あぁ、それでこうドラマなんかが生まれるんだ。
松:なんかぁ、親父ギャクとか狙ってんじゃないのー?
二:だからもう終わっちゃったよー?「僕は母さんに恋をする」
松:かあさ、「母さん、もう我慢できない…」
櫻:どーでもいーよー(笑)
二:すみません!お子さんの耳を塞いで!!
櫻ごめんなさい、申し訳ない。
二:もー我慢出来ないよね。「もー我慢できない」
櫻:チョコ味のね。
二:7時くらいによくCMしてたんだよね。
…あとねー、僕も映画やるんですよ。映画やるってか公開されるんですけどー。それね、自慢ですけどハリウッド行って来たんですよ。
櫻:や、それは「自慢じゃないけど」だよそれは!付けるのは、「自慢じゃないけど」。
二:やー、そうなんだけどぉ。コレみて。
(衣装の内襟の部分に名前が書いてありまして。)
衣装、これさぁ…衣装さん、話し合おっか。ねぇ。
大:にののみや。
(スクリーンに、「ニの宮」との文字が。)
二:もうほら、にののみやになっちゃってる・
相:もう何年一緒にやってるんだったけ?
二:10年くらいやってるんだけどね。
櫻:じゃあホラ、二の宮くんそれほら、持って返して。
二:衣装さぁん、話しあおーか。[の]が付くのはぁ、井ノ原くんだけ!!!ね、衣装さん。井ノ原くんだけだよー。
(衣装持ってハケる。)
大:待ってって、待ってって。
(追いかけハケる。)



まだ終わりませんね。
先は長いようですねー。
どうしましょう、この先の個人のお仕事情報はどの会場、どの公演でもしてそうですしね…
ハブこうかなぁ、なんて考え中でございます。(ココまでしておいて。)
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

| URL | 2006/07/18(火) 09:58 [EDIT]
是非続きをお願いします

からす | URL | 2006/07/18(火) 12:05 [EDIT]
えーと、続きをアップさせていただきました!
お言葉、どうもありがとうございますー。
読んで頂けているようで、嬉しいです。

ただ、どうぞ、次回からはアナタのお名前もお聞かせください。
相手の顔が見えないネットワーク上だからこそ、お名前や文章、そういったものでワタクシ、判断するしかございません。
生意気なことを申し上げておりますが、どうぞご理解をお願い致しますね。

お気を悪くされていないのであれば、どうぞ、いつでもお言葉、おかけくださいねー?
ありがとうございました。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年中常春. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。