年中常春
突然前触れもなく嵐にハマッた管理人の、徒然なる日記
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/07/04(火)   CATEGORY: 未分類
関わる全ての人たちに感謝を。
皆様こんばんは。
昨夜のエントリーでの宣言通り、部屋をフラゲしたDVDを、真っ暗の室内でペンライトを振り回しつつ堪能させて頂いておりました。
からすです。



本日、レジにて所持金が90円足りず、通常盤の方を諦めるというハプニングもあったものの。

初回盤はきちんと購入させて頂き、帰宅後すぐに拝見させて頂きましたが。

何と申しますか。


うれしいのですが、妙にしんみり。
1年前の事を思い出し、映像には入っていなかった箇所までが脳裏に甦り。


そのせいか。







視界は汗ならぬ涙で全く見えず。

鼻水をズルズル言わせつつの観覧と相成り。
1回見ただけですのに、疲労困憊しておりました。

いやぁ、泣くのって体力削るんですよね!(どんだけ本気で泣いて…)



全曲の映像を入れて欲しかった、と言えばそれまでになってしまうのですが。
5曲だけでも、我々ファンの度重なる要望に答えてくださった事。
本当に感謝いたします、嵐さん。
大好きですよ?



大好きですから。




今年は、全曲フルで映像化を是非。(気が早いですねオイ。)











しかし。
本格的な感想は、まだお手になさっていない方もいらっしゃるでしょうから控えさせて頂きますが。

改めて、過去の櫻井さんのビジュを拝見し、今との差異に卒倒し。
(その後でストッキングLを見て更に泣きたくなりました。←今の容貌に慣れてきていた自分にも愕然。)

二宮さんの愛らしさに身もだえ。
1年たった今でも、指差しなお姿にハートがズキュズキュ打ち抜かれまくりでございまして。

何より。








ソロの松本様。
確か1度は振り落とされるというハプニングもあった、メインステから中央ステへの移動シーン。

真正面からの映像で見てみますと。

まるで。














黄泉の世界から甦りになられた魔王陛下のよう。


スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年中常春. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。